頑張ったって無駄

By in

事例

≪事例 ①≫

私は以前勤めていた企業で、社員育成の企画や運用の責任者をしていました。
最初は社長と私、たった2人からのスタートでしたが気づくと20人近くに増えていました。
それまでは各々の自主性に任せていたのですが、社員全員に通年の目標設定をしてもらうことにしました。
私は責任者として若い人たちの目標設定のフォローなどをしていました。
しかし、数人ではありますがどうしても目標設定できなかったり、なんとか目標設定をしても行動できないメンバーがいました。

 

≪事例 ②≫

僕が農家での研修を始めて2週間ほどたった頃です。19歳くらいの若者が研修生になりたいとやって来ました。
その日は彼と一緒に作業をしお昼休みなどに色々と話しかけてみましたが、返事はほとんど返って来ずやる気があるのかないのかよく分からないという印象でした。
そして、その日の帰り際に農家の方に「ガソリン代を持ってないので貸してもらえませんか」と5,000円を借りて帰り、次の日から来なくなってしまいました。

 

事例①と事例②は例として並べるには根の深さがだいぶ違ってはいますが、
どちらもがんばったって無駄」「自分は変われないといった思考が根底にあると思います(本人たちに直接聞いたわけではありません)

 

 

種とり

マーティン・セリグマンという方がいます。ポジティブ心理学の父といわれる世界的に超有名な心理学者です。
そのセリグマン氏の研究の結果に「学習性無力感」というものがあります。
詳しくはオプティミストはなぜ成功するのかという
書籍に書かれています。

超簡単に説明すると、初めのうちは努力をして行動していても、失敗が続くとやがて無力感を学習して行動を起こさなくなってしまう、つまり「無力感を学習する」という内容です。事例①で目標設定が出来ない、目標設定をしても行動できないというメンバーは、それまで成功体験を得ることなく、あるいは成功体験はあったけどそれが成功体験だと気づかずに来てしまったのだと思います。

自分に自信が持てていないと自分で実現したことでも「たまたま」と感じたり、「たいしたことない」と感じたりしてしまうからです。特に日本は欠点を指摘する文化が根強くあるため、強味より弱み、成功より失敗に目が行きがちで、その結果その人の自己効力感を下げてしまうことがよくあると思います(自己効力感は自信と置き換えて考えてみてください)

 

*ちなみに、学習性無力感はうつ病の研究から発見されたものですが、このような「がんばっても無駄」という思考が根底にある人は、軽度の学習無力感と言っていいのではと、菅原は考えています。

 

また、事例②の若者はそもそも貧乏な家庭で育ったと思われ、生い立ちが厳しかったことが想像できます。
その結果、やはり自己効力感が持てず、自分の力で人生を変えることが出来るという思考が持てないのだと思います。

このように無力感を学習してしまい「がんばったって無駄」と思っている人たちが変わるのは簡単ではないと思います。心理学のプログラムで改善や予防をする方法はあります(その話は別の機会にまたお伝えしたいと思います)
ただし、日本では子供向けのプログラムでもまだ一般的ではありませんし、特に大人になって体と心理学のプログラムを受ける機会もなかなか無いと思います。
しかも大人になると思考も凝り固まってしまい心理学のプログラムを受けたところで「自分には関係無い」と思う人も多いと思います。

 そのような大人になっても変わる為には、
小さな成功体験を得て、それが素晴らしいことだと周りの人が認めてあげて、
自己効力感を少しずつ高めていく事が必要で、
そのためには熱心にサポートする人が身近にいることが大切
だと私は考えています。
もちろん何でも褒めればいいという話ではありません。

でも「仕事だからやって当たり前」といった考えで接するのではなく、労いの言葉をかけたり、努力したことを褒めたり、その人の長所や強みを見つけてそれを積極的に活用できるようにサポートする。
仕事であれば一緒に働く上司や同僚、家庭であれば親またはパートナーといった身近な人が熱心にサポートすることで人は変わると思います。

私はレジリエンス講座を開催していますし、できる限り受講いただく方のサポートをしたいと思いますが、一緒に働いているわけではなく家族でもないので、長く丁寧にサポートすることが難しいのが実情です。
やはり一番大事なのは身近な人の熱心なサポートだと思います。
そういった意味でも多くの方にレジリエンスについて知っていただきたいと思います。